2006年09月22日

お芝居の観劇のマナーについて

安田顕さんからのメッセージです。

いろんなところで論議になっている「観劇のマナー」について 演じる役者さんの気持ち。

大事なことなので 転記します。

2006/09/22(Fri.) 12:58
これから「獏のゆりかご」をご覧になる皆様へ、真面目なお願い。

9月1日より始まった舞台、「獏のゆりかご」も残すところ僅かとなってきました。
もっと演じていたいと、寂しいなと、感じてきました。
日々、素晴らしい経験をさせていただいています。

紀伊國屋ホールという劇場で。素晴らしい役者さん達と同じ空間に立てて…。

僕は幸せ者です。
沢山の人達の後押しのおかげで、僕はこの舞台に立つことができています。
何よりもファンの皆さんの応援があってのことです。
本当にありがとうございます。

残りのステージ、大切に、大切に、つとめていきたい。と、切に思います。

そこでお願いがあります。

ごくわずかな方々ですが、私のウチワを振って応援して下さったり、私が舞台に上がると手を振って下さったり、カーテンコールの際に横断幕を掲げて下さっている方がいらっしゃるようです。
お気持ちは大変嬉しいのですが、他のお客様にもご迷惑になりますので、ご遠慮頂けると大変ありがたいです。

お話をじっくり観ていただき、終わったあと、「良かった」と思っていただけたら、拍手をください。
それで充分です。それが私たち舞台役者にとって、一番嬉しいことです。
そうしていただけるよう、役者全員で丁寧に、話を紡いでいます。

ご存知のように、CUE DREAM JAM-BOREEと今回は、全く違うものです。
JAM-BOREEはいつものお芝居では「拍手のみ」というのを、ここだけはお客さんも一緒に騒ごうよ!というコンセプトで作られたイベントです。


今回は、シスカンパニープロデュースによる舞台です。


くどいようですが、この素晴らしい環境に客演として立つことができたのは、皆様の応援があるからこそ。
だから、何度でも言います。本当にありがとうございます。

だから、切に思います。

「NACSのファンってさ、いいよね」。

と、誰かに云ってもらえたとしたら、こんなに嬉しいことはないなって。

僕は今、色々なことを学んでいます。
もっともっと成長したい。
これからも色々なことを吸収していきたい。
そしていつか、役者になれるよう、精進していきたい。

共に成長していきましょう。

それでは、紀伊國屋に行ってきます。 (安田顕)




他の誰かではなく わたしに向けられた言葉だと思って ちゃんと受け止めたいと思いました。


2006年08月22日ナックス公演@天王洲銀河劇場

※この記事はwhiteさんのregret noteにTBしています。
※この記事はことぶきさんの『ヤギの散歩』にTBしています。
※この記事はピン子さんのしゃちょてんにTBしています。
※この記事はあやごんさんのアイシテルノニにTBしています。
※この記事はてぃーさんのメシより洋にTBしています。
※この記事はひなたさんの遅咲きLIFEにTBしています。



posted by かおる at 16:25 | Comment(15) | TrackBack(1) | TEAM NACS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拍手する

この記事へのコメント
いや〜言葉になりません。
もっともっと純粋に演劇を楽しもう!
と思いました。
もっともっとお芝居して欲しいから
私もしっかり受け止めました。
Posted by ゆう at 2006年09月22日 17:32
そんなファンがいるとは…。寂しいですね。
顕さんの身になってちょっと考えればわかるのにねえ。
芝居とは鑑賞ですから、騒いだってしょうがないのに。まあ、騒ぎたくなる気分もわかりますが、
顕さんに迷惑だけは掛けない様にしてもらいたいものです…(>_<)


Posted by くみ at 2006年09月22日 19:17
私も仕事の帰りに読んで涙出そうになりました。
ダメですよね、役者さん本人にこんなこと(日記に書く事)させちゃ。
芝居って応援するもんじゃなく観るもんじゃね?って言いたい!!
悲しい通りこして怒りですよ、今は。

blogにコメントありがとうございました。
blog、TBさせていただきました。
うちのほうもTB出来るようにしておきました^_^;スミマセン!
Posted by white at 2006年09月22日 20:01
うわーんかおるさーん!
とうとう安田さんに、書かせてしまったよ…。
思いやりに溢れた書き方に涙が出ます。
私もきちんと受け止めなければ。
Posted by てぃー at 2006年09月22日 22:05
>ゆうさん
重いことを こんなにやさしく「お願い」という形で書いた顕さんの気持ちに胸が痛みました。

>くみさん
自分も知らないうちに迷惑な行動をしてたかもしれないと 反省しました。

>whiteさん
スポーツ観戦と演劇鑑賞は全く別物ですもんね。
TBありがとうございました。

>てぃーさん
今まさに公演中で お芝居に集中しなきゃならない顕さんにこんなこと言わせちゃったと思うと凹みまくりです。

唯一 これを書いたのが顕さんだったのが救いです。
他の4人なら もっと感情をぶつけちゃっただろうから。
ファンが傷つかないように書いてくれた顕さん。
一番傷ついているのは顕さんかもしれないのに・・・。
Posted by かおる at 2006年09月22日 22:54
もう、がっかりな事させちゃった。
フアンとして、残念。
共演者の皆様にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

顕さんは四国での公演のときも、
とても気遣ったカキコをしてましたよね。


こう書くのもなんだけど…
洋ちゃんは舞台挨拶なんかでも
うちわを見る機会が多い。
でも、はっきりと「やめて」と言わないのは、ちょっと違うやさしさ。
言われなきゃわからない人がいるなら、
ビシッといってほしい。


TBさせていただきます。
Posted by あやごん at 2006年09月23日 01:23
>あやごんさん
顕さん きっとすごい時間かけてこれ書いたんだよね。
そしてこれは顕さんだけの気持ちじゃなくて演劇をしてる人たち 皆さんの気持ちだと思うんだ。
洋ちゃんもハッキリ言ってくれていいのにね。
でも言われなくてもわかるようにならなきゃいけないよね。

「拍手こそが最大の賛辞」

それがお芝居の世界です。
Posted by かおる at 2006年09月23日 09:25
TBありがとうございます。
もう、地面にめり込むほど凹んでます。
顕さんに、ナックスのみなさんに申し訳ない気持ちで一杯。

ホントに、どうしたらいいんでしょうか?

願わくば、顕さんの言葉がちゃんと伝わるべき人たちに伝わって、綺麗サッパリ悪夢が終わるコトを願います。
(´;ω;`)ウッ…
Posted by ことぶき at 2006年09月23日 09:27
おはよーう!!!
まだ目が半開きのピン子だけど!
TBありがとう!!!
追記して、こちらを読みましょう!って言うよ。
何より顕ちゃんの言葉だね。
ひとつひとつかみ締めなきゃ。
顕ちゃんは一番、こういうことを嫌うけども
一番、ファンが傷つかないように言ってくれる人でもあるよね。
そういう顕ちゃんの気持ちを、
ファンが踏みにじっちゃダメだ!
ファンが役者に不快感を与えてどーすんのよ!
もう、二度とこんなことのないように、
ファンブログでも叫んでいくことが大事だよね。
Posted by ピン子 at 2006年09月23日 10:17
顕さんはものすごく素敵な&優しい言い方で”おねがい”をしてきました。マナーが残念ながら出来ていない人(というより、わからないのかな?)にも優しく。
私はこの文を読んでナックスのファンでよかったと思いました。こんなに優しく素敵な俳優さんたちのファンでいてよかったと。
演劇などの芸術はその場の状況をよく理解しないといけませんよね。空気を読むというか・・・私はマナーができない人は空気が読めない人なのかもナとも思ってしまいます。残念ですが・・・
私は劇場に入ったら飲食禁止なのに(ロビーは違いますよ)コソコソやってる人を見るとイラっとします。そこまでではないにしても、回りを見て状況を飲み込もうという姿勢はしていただきたいと思いました。(^_^;)
今回、顕さんが書き込みをしたとこで改善されることを願います。そして同時に、ファン同士が声かけあう状況を作っていくことが大切だと思いました。ちょっとした声かけをしてマナーを浸透させることで、cueメンバーはより一層素敵になると思うのです(^◇^)
みんなでも出来ることだと思いませんか?
今からです。今から!!

長々かきました<(_ _)>
Posted by えみ at 2006年09月23日 10:54
>ことぶきさん
顕さんが落ち込んでなければいいなと それだけが心配です。
どうすれば改善できるのか?
一人ひとりが意識を変えないとダメだと思います。

>ピン子さん
追記 ありがとう。
舞台に出てるときは「安田顕」でなく「江藤」だと思うの。
おうちに帰るまでが演劇鑑賞。
おうちに帰ってからDVDでも見ながら うちわでもなんでも振ればいい。
ブロガーとして彼らに協力できるのなら こういうことをちゃんと書いていこうと思います。

>えみさん
どうでしょうファンが 去年の祭で「すごくマナーがよかった」と褒めていただいたことを思い出しました。
ナックスファンもちょっと努力すれば できるはずなんですよね。
「さすがエリート」と藤村さんに言ってもらったように いつか「さすがナックスファン」と言ってもらえるようになりたいです。
Posted by かおる at 2006年09月23日 15:11
かおるさん、こんにちは!
TBありがとうございました。

なんかもう、、、ほんとに残念としか言いようがなくて・・・
安田さん本人に書かせてしまったことは、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
きっと苦しかったでしょうね。。。
それも踏まえ、他人ばかりじゃなく自分たちも頑張って、成長させていかなければなりませんね。
Posted by ひなた at 2006年09月23日 16:30
>ひなたさん
ひなたさんのブログを読んで 「演じる側」気持ちが良く分かりました。
ナックスが客演を今後も続けられるように切に願います。
そのためにも「観る側」の意識改革が必要だと痛感しました。
Posted by かおる at 2006年09月24日 03:02
 かおるさん、初めまして。いつも楽しく拝見しています。

 週末に遠征して観劇してきました。
私が観た時にはそういうファン(ウチワ・横断幕)はいなかったようですが、リーダーも何回も言ってる携帯の着信音と「ほたる」がありました。
舞台への集中力がそがれるので、本当に止めて欲しいです。

 あと、私自身気を付けているのは「前のめり」しないように、背中を背もたれにくっつける事です。最後列ならいいですが、後ろの方の迷惑(舞台にかぶる)になるんですよね。

 以前は観劇の邪魔をされても我慢していたのですが、今は近くの席(前後左右)の人なら勇気を出して暗転中などに止めるようお願いしています。
 役者さんやお芝居が好きで観に来ているだろうに、何故観劇マナーを守れないんでしょうか…。
 
私もみなさんのコメントを参考にして、更にマナーアップに努めますね。
Posted by KEI at 2006年09月25日 20:41
>KEIさん
はじめまして。
獏のゆりかごを観に行かれたんですね。
携帯もいまだに必ずいますね。
電源の切り忘れはホントに困りものです。
鳴り出してからじゃ遅すぎますからね。
座り方の注意点 ありがとうございます。
ほとんどの劇場では椅子が整列してるので 必ず目の前に人の頭が来るんですよね。
わたし小柄なものですから 前に大きな人が座るとホントに舞台の半分近くが隠れちゃって なんだか同じお金払ってるのに観た気がしない・・・と思うことがあります。
劇場によっては椅子がちゃんと互い違いになるように並んでて観やすいんですけどね。
自分の座り方も注意しようと思います。
ありがとうございます。
Posted by かおる at 2006年09月25日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

続:マナーについて
Excerpt: ※このエントリーはかおるさんのblogcast a dieにTBしています オフィスCUEのCUEダイアリー、本日更新の安田顕さんの日記をご覧下さい。 最悪です本当に。 最近ファンの間で問題に..
Weblog: regret note/リグレット ノート
Tracked: 2006-09-22 19:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。