2011年03月10日

「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」

立教大学演劇研究会3月公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」 を観てまいりました。

ツイッターの方で何人かフォロワーさんがつぶやいていて
「ほほう」と思って気になってました
ぎりぎりまで行けるかどうかわからなかったんですが
今日は残業しなくて済むとわかったので行ってきました
会社からはバスで池袋に行けるんですが 
新宿行きのバスに乗ってしまったのはナイショです・・・

「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」
ナックスの本公演を観た人が多いと思うのでネタバレありで感想書きます

ひとことで言いますと「なかなか面白かった」です
場所は立教大学のウィリアムズホールの4階にある小さなスタジオでした
いわゆる稽古場ですね
席は5〜60くらいしかなかったです
あの狭い空間はなかなかよかったです
「下荒井」が中野とか下北とかの小劇場風になるのかなぁと
だとしたらどんな風に見えるのかなぁと期待しながら待ってました

舞台はですね 狭い空間にちゃんとあの下荒井家が再現されてました
もちろん2階の健二の部屋とその床が抜ける仕掛けもちゃんとありました
大造が入る風呂場は見えなかったですけどね(笑)

音楽はですね 下荒井の曲は一切使わずに 別の曲を使っていました
そこはさすがに大人の事情があったのでしょうか?
でも「Day Dream Believer」とか「The Rose」とか
「家族」「家」「兄弟」などを連想させる曲を使っていました
全体的にどの曲も雰囲気は合ってたと思いますね
劇中の「見上げてごらん 春の空を」はちゃんと歌ってました
いまいちギターを弾きこなせてませんでしたが 歌はそれなりによかったです

驚いたのがキャスティングなんですけども
事前に見てた演劇部のサイトにも女性の名前がいくつか書いてあって
どうするのかなー?と思ってたんですが
健二役は役名そのものが変わってて 美春という女性でした
つまり4男1女のきょうだいっていう設定でした
そして佳代さんとか郁代さんはそれぞれ女性が演じていました
役者はつまり8人ってことですね
まあ そうですよね 無理に男性でやる必要がないですもんね(笑)

ストーリーと演出ですが これはもうどうしたって 
本家と比べちゃうとアレですけども(^_^;)

冒頭の剛助の全裸シーンは がんばってました(笑)
お客さんもビックリしてた人が多かったので
ナックスの「下荒井」を知らない人が大半だったみたいです

「下荒井」って要所要所にナックスのコネタが入りますよね
「顔がでかい」とか「暗い」とか「おなら」とかね
そういうのまで忠実に演ってたんですが どうなんかなぁ?(^_^;)
たしかに美春以外は メンバーになんとなく似た人がやってたけども
そのへんのコネタが最初のほうで集中的に出てくるでしょう? 
まだお客さんもあまり温まってないところにガツガツくるから
会場もあまり笑えてなかったし・・・
個人的には「ナックスのコネタ」をやる必要はない気がしました(^_^;)

大造の大失恋とか 大洋の登場とか 剛助の苦悩とか 修一の激白とか
そのあたりの演技は上手でした
修一が一生懸命「きょうだいだろ!」って大洋に訴えるところは
ちょっとジーンと来ました

でもって健二 あらため 美春ですが・・・
もしや「ミハル」からとったのかなぁとか思いながら見てましたが
女の子がやってたんですが 性格もなにもかもまんま健二でしたね(笑)
あれは面白いと思いました
また役者の女性が声のとても通る迫力のある子で 上手だったんですよ
「大造兄をそっとしておいてはくれまいか?」あたりのシーンも
体当たりでやってて面白かったです(⌒∇⌒)

全体的に とても楽しめましたね
なんでしょう
学生演劇っていいね と思いました
うまいとかヘタとかじゃなく 熱いものを感じましたね
いいなぁ 若いっていい・・・<どうした?w
ナックスもあんな風に始まったんでしょうね

てことで ナックスの「下荒井」を観たくなりましたw

立教の「下荒井」は日曜までやってます
立教大学演劇研究会
興味湧いた方はぜひ!

レポは以上です。

【演劇の最新記事】
posted by かおる at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拍手する

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。